01
10月

自給自足・田舎暮らしをするためのステップとは?

今の現代では、先行きが不透明になっています。

自分らしいライフスタイルを目指していきたいという相談が増えています。

今回はよくご質問をいただく「自給自足や田舎暮らし」について

お話します。

自給自足や田舎暮らしを目指す前に。。

いきなり田舎に行くという選択肢は相当決断力・行動力がないと

難しいと思います。

そもそも、田舎では家賃などは安くなりますが生きていくためには

お金が必要なことに変わりありません。

 

そして、田舎では仕事も少ないです。

 

引っ越したはいいが、仕事が見つからないというのも良くありません。

 

いきなり、田畑を借りてお米や野菜を育てるハードルもあります。

仕事だけでなく、栽培まで入ってくるとかなりハードになってきます。

 

「やっぱり無理か?」と思う必要はありません!

 

徐々に、自給自足や田舎暮らしに向けてステップアップしていきましょう!

まず、リスクを取らないで目指していくのがいいので

都内や街中から通える範囲の適度な田舎を選びましょう!

 

まず、そこで小さい畑を借りて野菜を育ててみます!

1年ぐらい続けるとだいたい感覚はつかめてきます。空いた時間に栽培に関わり

ながら少しずつ自分のやりたい仕事(事業)を創っていきます。

 

ご自分がフリーでやっていけて、野菜などの栽培に慣れてきたら

田舎暮らしを本格的にスタートさせれば問題ありません!

 

どこでも仕事ができるように準備をしていくことが大切です。

これからの時代は「個の時代」となってきます。

 

個人の肩書で生きていくようになってきます!

 

まとめますと、

まずは仕事に支障がない範囲の場所で畑を始めてみる。

そして、自分自身で稼げるようになる。

いわゆる「半農半X(Xは好きな仕事)」スタイルを目指していきましょう!

やおきファーマーズクラブは、街中から近い神奈川県で

将来田舎暮らし(自給自足)をしたい方のための野菜づくり

コースがあります。

 

まずは、1年取り組んでみてください!2年目から楽しくなりますよ♪

TOP