THE BLOG

19
10月

【再度告知!】サツマイモ収穫など単発参加は受付いたしません!

問い合わせが増えてきたので、再度告知いたします。

緊急事態宣言も明けてきて、自然体験などさせたいお母さんも

多いと思います。

当方では、サツマイモ収穫など単発参加は受け付けておりません。

お返事なども原則控えさせていただきます。

ご了承ください。

 

当方では、毎月1回以上参加していただき、最低6か月以上

継続してお越しいただく方のみ対象となっております。

 

定期参加いただける方のみ、お問い合わせください!

 

こちらのページからもお申し込みいただけます。

 

12
10月

収穫体験や農作業体験は人気になってきています!

収穫体験や農作業体験はどこでできるのか?と調べられることが増えて きている実感を感じています!   やおきファーマーズクラブでは、都心からも来れる神奈川県で活動が可能 ですので横浜市・川崎市・相模原市からも来れる距離で活動ができます。   月1一回以上の参加できる程度の距離です!   お子さんの食育の機会を増やしてあげたいというご両親も増えてきています! 記事はこちらです!   また、お子さんの学力や集中力をつけるきっかけになるのも収穫体験は 食育体験です!一連の流れを経験することが大事です! そして、いつもイライラしているお子さんにもおススメです。   詳細はこちらの書籍になります。(無料で読めますのでどうぞ!) 野菜やお米栽培が、大きな成長につながる!   秋から冬の半年、家庭菜園、冬の本格収穫体験コース募集中です!   お子さんの自然体験・食育体験は地頭力・集中力をつけていきます! 生活習慣についての詳細はこちら↓   最低3か月で可能!集中力・学力が上がった5つの生活習慣 ↑電子書籍販売中!家庭医学・健康カテゴリーで2位獲得しました! 学力・集中力が上がった料理レシピ集 ↑こちらも合わせてご覧ください! ↓生活習慣の改善課題が分かる動画プレゼントしています!↓ 限定プレゼントはこちらから
06
10月

子どもの収穫体験で得られるものは?

お子さんの食育として、幼稚園~小学生で収穫体験をさせてあげたい

とお考えのお母さんやお父さんは最近増えてきています!

そんな方に読んでいただきたい重要なことです!

結論から言うと、

お子さんの収穫体験だけでは、大した経験にはなりません!

「ああ、楽しかったな!」

で終わります(汗)

 

お父さんやお母さんがなぜお子さんに収穫体験をさせたいのか?

今一度よく考えてみてください!

「野菜がどうやって育っていくのかを見せたい!」という答えが

大半です。

 

私自身の経験ですが、収穫だけ経験してもお子さんは

「野菜がどうやって育つのか?」なんてことは

これっぽっちもわかりません。

 

畑で虫などを追いかけて、おまけに収穫して楽しかったで終わりです(笑)

 

厳しいお伝えの仕方をしましたが、これが現実です。

 

本当にお子さんに食育としての機会を提供したいのでしたら

土づくり(種まきなどの準備)・種まき・管理・収穫という一連の

流れを肌で感じてもらうことが大切です!

たった1回の体験では、食育の機会にもなりません。

そして、野菜嫌いを治したいということならなおのこと、最初から

経験させて愛着を持たせてあげましょう!

 

やおきファーマーズクラブでは、家庭菜園コース(自給自足目指すコース)

として最低半年間(月1回以上)定期的にお越しいただく方のみ

となっております。

 

それは、お子さんにちゃんと野菜が育つ過程を肌で感じてもらいたい!という

ことからです。

 

どうかその点をご理解いただけましたらと思います。

 

まとめると、収穫体験だけではお子さんの食育の機会としては

少なすぎるということです。

 

町中から近い場所での野菜づくりを一緒にしませんか?

初めてでも大丈夫です!一緒に楽しくやりましょう♪

農薬や化学肥料を使わず、安心安全に育てています!

 

 

 

 

01
10月

自給自足・田舎暮らしをするためのステップとは?

今の現代では、先行きが不透明になっています。

自分らしいライフスタイルを目指していきたいという相談が増えています。

今回はよくご質問をいただく「自給自足や田舎暮らし」について

お話します。

自給自足や田舎暮らしを目指す前に。。

いきなり田舎に行くという選択肢は相当決断力・行動力がないと

難しいと思います。

そもそも、田舎では家賃などは安くなりますが生きていくためには

お金が必要なことに変わりありません。

 

そして、田舎では仕事も少ないです。

 

引っ越したはいいが、仕事が見つからないというのも良くありません。

 

いきなり、田畑を借りてお米や野菜を育てるハードルもあります。

仕事だけでなく、栽培まで入ってくるとかなりハードになってきます。

 

「やっぱり無理か?」と思う必要はありません!

 

徐々に、自給自足や田舎暮らしに向けてステップアップしていきましょう!

まず、リスクを取らないで目指していくのがいいので

都内や街中から通える範囲の適度な田舎を選びましょう!

 

まず、そこで小さい畑を借りて野菜を育ててみます!

1年ぐらい続けるとだいたい感覚はつかめてきます。空いた時間に栽培に関わり

ながら少しずつ自分のやりたい仕事(事業)を創っていきます。

 

ご自分がフリーでやっていけて、野菜などの栽培に慣れてきたら

田舎暮らしを本格的にスタートさせれば問題ありません!

 

どこでも仕事ができるように準備をしていくことが大切です。

これからの時代は「個の時代」となってきます。

 

個人の肩書で生きていくようになってきます!

 

まとめますと、

まずは仕事に支障がない範囲の場所で畑を始めてみる。

そして、自分自身で稼げるようになる。

いわゆる「半農半X(Xは好きな仕事)」スタイルを目指していきましょう!

やおきファーマーズクラブは、街中から近い神奈川県で

将来田舎暮らし(自給自足)をしたい方のための野菜づくり

コースがあります。

 

まずは、1年取り組んでみてください!2年目から楽しくなりますよ♪

28
9月

家庭菜園を始めるにあたって、仕事しながらでも大丈夫ですか?

家庭菜園や自分のお家用の畑を借りて始めていきたい場合には、

不安があったりしませんか?

 

それは、仕事をしながらでもできるのか?

ということです!

 

結論から言いますが、

仕事をしながらでも家庭菜園は可能です!!

たしかに、家庭菜園は引退したあとの趣味のイメージが多いかも

しれません。。

 

ですが、週末の休みの日だけでも取り組むことは十分に可能です!

取り組めるように工夫してしまうというのが大事です♪

 

今回は2つに分けて書いていきます!

まず、1つ目は

手間のかからない野菜を中心に始めてみる!

ある程度、放置しても問題ない野菜を育ててみてはいかがでしょうか?

 

サトイモ、サツマイモ、落花生、じゃがいものように、期間は長めですが

基本ちょっとした世話で大丈夫です。

 

水やりの心配もさほどいりません。外であれば、雨に任せてしまえばOKです!

 

2つ目は

資材を使って、来る回数が少なくてもいいようにする。

 

家庭菜園と仕事を両立できるかどうかで心配なことは

「雑草」と「水管理」です!

これらの心配を解決するのが、「黒マルチ」です。

 

ホームセンターで売っていますが、黒マルチを活用することで

雑草帽子と水やりの回数を減らすことが可能です。

 

黒マルチを活用すれば、多少手間のかかる野菜であって

も数人の食べる分くらいは収穫できるようになります。

 

まとめると

 

1、手間のかかりにくい野菜を育てる

2、黒マルチの活用をする

この2つだけ意識すれば、はじめられますよ!

 

これ以外にも、ちょっとしたコツがあります!

詳しくは「家庭菜園講座」を開催しているのでお問い合わせください!

1年ほど通っていただければ、ご自分で好きな野菜を育てることができるように

なりますよ!(神奈川県の町中より近いところです!)

これからは、自分で野菜を作れるようになったほうがいいです!

特に若い世代やお子さんがいるご家族の方、

早めにできるようになっておいたほうが得です♪

22
9月

家庭菜園を始める時期はいつがいいですか?

自分で野菜を作り始める時期はいつがいいですか?

と聞かれることが最近では多くなってきました!

 

今回は家庭菜園を始める最適な時期

について書いていきますね。

 

結論から言いますと、

4月~

9月~

がベストです!

 

個人的には、全く初めての野菜作りでしたら、9月~のほうがいいです!

 

4月の春以降から始めていくと、

雑草管理や夏野菜の管理の手間などやることがたくさんある

からです。

 

9月以降の場合は、徐々に気温が低くなってくるので、雑草の成長具合も

遅くなってきます。

また、夏野菜のように支柱を使う機会も少ないです。

 

秋の9月から始めて、リズムをつかんでいただいてから翌年の春以降を

楽しんでいただくリズムが良いかと思います。

 

そういった意味では、ちょうど今の時期から始めるのは最適です。

種からだと、大根、カブ、ラディッシュ、小松菜、ほうれん草、タマネギ

ニンニクは種球から、ブロッコリーキャベツは苗からだとちょうど良いですね。

まとめますと、秋の9月から始めるのが最適です!

是非、今から始めてみませんか!?

 

やおきファーマーズクラブでは、家庭菜園を始めるコツをお教えしています!

ご興味ありましたら、お問い合わせください!

神奈川県の町中から近い場所で取り組めます!

 

今現在は、落花生収穫のピークになっています。

貴重な掘りたて生落花生をたくさん味わっています(^^)/

(生落花生は買うと高いので、贅沢です!!)

 

 

15
9月

家庭菜園を始めるとしたら、何が育てやすいか?

家庭菜園を始めてみたいと思っているあなたは、

何を育てたら失敗なくできるか?と考えているかと思います。

まず家庭菜園を始めるなら、おススメは葉野菜です!

葉野菜(小松菜・カブ・水菜など)は難しいイメージがあるかと思います。

葉野菜は発芽しやすいので、種まきをした後に見るとテンションが上がります!

虫が食べてしまう心配があるようでしたら、防虫ネットをべた掛けして

あげればほとんど発芽してしまいます。

 

発芽して混みあってきたら、間引きをしてサラダで食べましょう!

発芽して来ると、お互いに成長を邪魔するように密集してしまいます(;^ω^)

その時は、小さいものを触れない程度に間引きしてしまいます。

もったいないのでサラダなどで食べてみましょう!

採れたて野菜のおいしい味がしますよ♪

葉野菜は採れたてが一番おいしいので、育てた甲斐があるってもんです(^^)/

 

間引きを何回かして、2か月ほどしたら収穫です!

途中に虫に食べられそうでしたら、防虫ネットをアーチ状にしてかけてあげればOKです。

 

プランターサイズならダイソーで売っていますよ!

乾いたら水やりをしてあげながら育てていけばOKです。

鮮度がいいので、生で食べても大丈夫です。

 

葉物野菜は、慣れてしまうと簡単ですし、年に3回ほど育てることが

できるのでおススメです!!スペースが取れないという場合にも!

 

まとめていきますと

家庭菜園を始めるなら、小松菜・かぶ・水菜・チンゲン菜などの葉物野菜

の種を買って種まきしてみてください!

4日ほどしたら、発芽します!最初は水やりをしっかりしてくださいね!

 

詳しく知りたい方は、家庭菜園講座・自給自足講座の年間コースがあります!

仕事をしながらも上手に育てる方法をお伝えしています!

都会から近い神奈川県で野菜を育ててみませんか??

 

 

 

06
9月

家庭菜園(自給自足)をしたほうが良い理由④

表題の件の通り、家庭菜園(自給自足)をしたほうが良い理由に

ついて書いていきたいと思います。

結論からお伝えすると2点あります。

1、いちばん美味しい状態で野菜を味わえる

2、種類やニーズが少ない野菜を味わえる

 

それでは、具体的にお話していきます!

1、いちばん美味しい状態で野菜を味わえる

家庭菜園(自給自足)をすると、常に採れたて野菜の味を味わえることが

醍醐味になります。

僕自身は、夕方に収穫をして夕飯に活用するというスタイルで生活を

しています。僕自身は朝ご飯を食べないので、食べる場合には朝一番で

収穫してもよいでしょう!

 

そして、収穫してからどんどん鮮度が下がってしまう野菜は特に

採れたて野菜が最高においしいです!

特にトウモロコシ、枝豆、豆類(さやえんどう、インゲン、ソラマメなど)

は、収穫してすぐに食べるべきものです。

 

直売所などで買っても、すぐに味わうというわけにはいかずタイムラグが

出てしまいます。

 

畑に取り組んでいるからこそ、一番最高の状態で食べることができます。

 

2、種類やニーズが少ない野菜を味わえる

ジャガイモは種類がたくさんあります。最近ではだいぶ出回るようになって

きましたが、マニアックな種類は買おうと思うと高いのが現状です。。

 

こういった高い種類の野菜を自分の畑や庭で作ってしまえば安上がりに

済んでしまうということになります。

 

こちらでは、ジャガイモはアンデスレッドという種類が人気ですが

市場で買うと高いですが、作ってしまえば安価です。(種芋代くらいです)

 

トマトも種の種類500ほどありますので、好きな種類を選んで栽培

することができます。(煮込み用、生食用、トマトソース向きなど)

 

こういったちょっとしたこだわりなども気軽にできるようになるところも

野菜好きにはうれしいところだと思います。

 

以上のように、家庭菜園(自給自足)をするメリットを2つ

1、いちばん美味しい状態で野菜を味わえる

2、種類やニーズが少ない野菜を味わえる

 

ご紹介いたしました!

 

最初は何から始めていいかわからないところもあると思いますが

始めてしまえば意外にできてしまうと思います!

また道具などもあるので、是非使っていただければと思います。

 

お問い合わせが多いので、再度告知をさせていただきます。

年度途中からのお米づくり体験・

野菜づくり体験はご参加いただけません。ご了承ください。

 

 

 

 

 

03
8月

最低限の手間で、生きていくための家庭菜園を目指しましょう!

やおきファーマーズクラブでは、家庭菜園コースがあります。目指すべきは「自給農」

だと思います。

どうしても家庭菜園となると、定年後の方のイメージとなりがちですが仕事をしながら

の週末家庭菜園でも十分に可能です。

 

最低限やるべきことだけに取り組み、70%ぐらいの収穫を目指していければ

パーフェクトです!

 

手間をかけるべきポイントは以下になります。

①土づくり

 

②種まきや植え付け

 

③管理や追肥

 

④収穫作業

 

となります。

 

家庭菜園のマニュアルなどでは、それぞれの野菜にたくさんやるべきことが書いて

あり、何から始めていいのか分からなくなります。

 

やおきファーマーズクラブでは、簡単に分類して一緒に農作業ができるので安心ください(^^)

 

手間をかけるところをしっかり取り組んで、70%収穫を目指します!上手に道具を活用して

いくことがポイントです!あれもこれも揃えることは、必要ない工夫があります!

楽しみながら活動できますよ!

 

 

8月末から秋冬野菜の準備が始まります!

年間コースのご参加ご検討ください(^^)/

20
7月

家庭菜園(自給自足)をしたほうが良い理由③

梅雨明けもして、暑い日々が続いています!

夏野菜がぐんぐん成長して、毎日収穫ラッシュが続いて良い季節です♪

この時期は食べきれないほど野菜ができるので、外で野菜を買うことが

なく助かっています(^^)/

今回も家庭菜園(自給自足)をしたほうが良い理由についてです

前回の内容を見ていない場合にはこちらをご覧ください!

 

自分で野菜を育てると「健康体」に近づいていきます!!

 

それには理由が3つあります。

1、畑仕事で適度な運動ができるから

2、採れたて野菜の栄養価が高く、農薬や化学肥料に頼らない

  安心安全の食材を日々食べるから

3、土に触れると毒素が排出され、精神安定効果もある

では、それぞれ説明していきますね!

 

1、畑仕事で適度な運動について

私自身、実をいいますと運動が好きではありません(笑)なので、ウォーキングや

ジムなどに行けない怠け者です。

ですが、やりたいこと&やるべきことがあると、体を動かすことはできます。

畑では、鍬やスコップを使って耕したりする作業があったり、種まきや追肥など

屈伸運動をしたりする機会があります。何か活動をすれば、運動がセットになります。

 

「運動しなきゃいけない」と思わなくても、適度な運動ができるということで健康に

つながってきます。

 

2、採れたて野菜の栄養価は高い、農薬や化学肥料と無縁な安心安全の素材

畑をすれば、収穫できる野菜があります。見た目ではなく、新鮮で栄養価も

あり、おいしいです。さらに、農薬や化学肥料を使わないで育てられるので

身体への負担も少ないです。

日々の食べる食材が変われば、身体も生まれ変わります。

 

3、土に触れると精神安定効果とデトックス

諸外国では、土の上を裸足で歩くと体内にたまった毒素(電磁波など)

が排出されるという効果があることが研究されているようです。

土いじりをしていると、来ていただいているお子さんの精神状態も安定

になって来ています。

 

それだけ毒素が抜けてきて、穏やかになって元気になるという効果が

あるのだと思います。これは、自然の中に入ってマイナスイオンが

たっぷりの環境に入るのと同じ効果だと思います。

 

まとめますと、

1、畑仕事で適度な運動ができるから

2、採れたて野菜の栄養価が高く、農薬や化学肥料に頼らない

  安心安全の食材を日々食べるから

3、土に触れると毒素が排出され、精神安定効果もある

ということでした。

 

畑をやるに、費用は大してかかりません。生活の手助けになって

くれるでしょう!

 

やらない理由が見つからないと思います。

 

やおきファーマーズクラブでは、年間の家庭菜園や自給自足コースがあります。

1年ほど関わっていただければ、ご自分で育てるイメージがわくこと間違い

ありません!!

今の時期からなら、秋冬野菜のスタートともなる時期です!!

数組空きがあります!

 

 

 

 

TOP